HOME>トピックス>オンジを摂取して物忘れの症状を改善【効果的な薬の飲み方】

オンジを摂取して物忘れの症状を改善【効果的な薬の飲み方】

男性

オンジを摂取するタイミング

漢方のオンジエキスはイトヒメハギという植物の根を乾燥させたもので、古くから記憶力の向上に役立つ生薬として使われてきました。海外の研究でも、マウスの脳神経細胞障害などが改善される効果があったと報告されています。最近では、ドラックストアでオンジエキス配合の物忘れ改善薬が色々と発売されています。中高年になって人の名前がすぐに出てこなくなった、ついさっき覚えたことをすぐわすれてしまう、そんな症状が気になりだしたタイミングで摂取してみてはいかがでしょうか。オンジは漢方なので化学的な薬に比べると副作用の心配はほとんどなく安心して飲むことができます。ただし、市販薬はメーカーごとに配合が異なるため飲み方も異なります。説明書きをよく読んで服用することが大切ですね。

漢方

摂取する時に気をつけるべきこと

オンジは中高年以降のもの忘れ症状の改善に役立つものですが、飲んだからすぐに効くというわけではありません。もの忘れについては薬にばかり頼らないで、日頃から自分で予防することがとても大切になります。日々の運動や趣味、または脳トレなどで頭の体操をする、まずはそういった意識的な行動を心がけましょう。また、単なるもの忘れと認知症の区別を明確にしておくことも大切です。ただ記憶が出て来づらい状態はもの忘れですが、認知症は記憶そのものを忘れ去ってしまいます。また、物事の手順がわからなくなるのも認知症の大きな特徴です。このような症状の差に注意し、誤った判断をしないように気をつけましょう。オンジは認知症に対して効くものではないので、勘違いは禁物です。認知症の患者さんがもの忘れの薬に頼って、認知症の治療をしないでいると、その間に症状がどんどん進んでしまうことになります。